痛みのない世界へ

書籍営業部より

わたくしごとでは恐縮ではありますが、
先日まで肺炎で入院しておりました。

ある日、痛みがどうしようもないときに音楽を聞こうと思い、
Lumière(ルミエール)』を目をつむって聞いところ、
ほがらかな世界に包まれ、痛みを忘れていることに気がつきました。

これはすごい。
心の安らぎだけではなく、こんな効能もあるとは。
この感覚は、他の音楽でも起こりうるのだろうか。

いろいろなジャンルを聞いてみました。
ポップ、ロック、ジャズ、ボサノバ、ヒップホップ、テクノetc..

結果、歌詞の意味が分かるものや抑揚の大きい音楽はだめで、
外国語のバラードやクラシック、ヒーリング音楽が同様の効果を得られました。
楽器に着目した場合、チェロかピアノがもっともよく、
音量は若干低めの設定がよいようでした。
※あくまでわたしの主観です。個人差があると思います。

”痛みを忘れる”というのは、もうちょっと踏み込んだ表現をすると、
”意識が違うところにいくため、痛みを感じなくなっている”ということです。
痛みのない世界へ移動する、というか。

機会があれば、この気づきを痛みや苦しみのある方にお知らせしていきたいと思います。

余談ですが、
入院中は、大部屋であるにもかかわらず、わたししかいない、個室のような生活を送ることができました。
(写真のとおりです。)
わたしの入院以降、偶然にも誰も入院しなかったためです。

たいへんありがたかったです。神さまに感謝します。

Lumière』ChieArt

文:のびた

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

書籍営業部より
少数派になる日本人

最近、たまたま目にした記事を読んで、暗澹たる氣持ちになってしまった。 その中から一部を引用すると&# …

書籍営業部より
NHKテキスト「まいにちスペイン語」で『プラド美術館の師』が紹介されました!

NHKテキスト「まいにちスペイン語」2月号で『プラド美術館の師』(ハビエル・シエラ 著)が紹介されま …

書籍営業部より
2020年(令和二年)、必読の一冊!

みなさま! 新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願い致します。 ****** …