セロトニン?ドーパミン?いや、DMTだ!

書籍

人生の酸いも甘いも経験してきた私。

「あれをしたい!手に入れたい!」というティーンのようなギラついた欲望エネルギーはすっかり消えてしまった。

そんな私が唯一、切望していること。

それは「あちら側の世界」、または体脱、変性意識などと呼ばれているものの体験!

 

実は多くの人が、それを望んでるのかもしれない。

アルコールや非合法なドラッグ、あらゆる種類の快楽は「自我」を消し、ひと時の至福をもたらす。

しかし、「自前で達成できない」それらは「自分VS世界」という苦しみの構図を強化し、依存と破滅が待っているのはご承知の通り。

一方、スピリチュアルの世界では瞑想やヨガ、あらゆるワークが自我からの解放、神秘体験への道しるべとなっている。

他力にせよ、自力にせよ、「あちら側」のようなものへ、意識が変換されるポイントがあるようだ。

 

どうにか自前でそれを生成したい!

どうやらカギとなるのは“松果体”と“DMT”にあるらしい。

 

DMTとはN・Nジメチルトリプタミン。自然界に発生する幻覚剤だ。

(※依存性や毒性はないが、DMT自体はもちろん、成分を含むものについても麻薬取締法で規制されています)。

違法ドラッグとして、世界中で規制されているDMT。

 

もしかして松果体で生成されるのでは?

そしてそれが、スピリチュアル神秘体験の生物学的根拠なのでは?

とあくなき研究を続けた医学博士のレポートがこちらだ。

 

『DMT -精神の分子-』

 

「DMTは体内でいったい何をしているのか」

「人はなぜ体内でDMTを作るのか」

博士の研究に携わった多くの被験者が、顕在意識ではとらえられない世界を体験している。

そして博士は長年の研究の結果、DMTは“スピリットの分子”であり、スピリチュアルな領域へ運んでくれる乗り物だとしている。

物質界に縛られた意識を解放してくれるカギとなるのだ。

 

ここ数年、すっかりニューノーマルな世界になった。

意識のほうも「体内生成によって」ニューノーマルにアップデートしてみるとしよう。

 

文:マーソロミュー

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

書籍
【重版情報】『覚醒へのレッスン』2刷達成しました

営業部です。こんにちは。 今月5点目となる重版のご報告です。 今回はこちら!   覚醒への …

書籍
【重版情報】『超自然になる』3刷達成しました

営業部です。こんにちは。 今月4点目となる重版のご報告です。 今回はこちら!   超自然に …

書籍
【重版情報】『松果体革命』9刷達成しました

営業部です。こんにちは。 今月3点目となる重版のご報告です。 今回はこちら!   松果体革 …