新型コロナウィルスを予言した、14歳のインド人少年

書籍営業部より

4月7日に政府から発出された緊急事態宣言も、ようやく5月25日をもって解除された。
でも、一ヶ月以上経過した現在でも、通勤電車内や通りすがりの人たちの大半がマスクを着用している。
あ~~、夏にマスクなんて着けたくないよな~。

米ジョンズ・ホプキンズ大の集計では、新型コロナウイルスの感染者数が世界全体で累計1000万人を超え、
感染死者数は50万人を超えたとのこと。(2020年6月29日)
これから冬に向かう南半球のブラジルやペルーなどでは感染拡大が目立ち始めている。

ところで、米オンライン紙「International Business Times」(4月4日付)によると、昨年8月22日にYouTubeに投稿した動画で、14歳のインド人占星術師、アビギャ・アナンド君(Abhigya Anand)、かなり正確に新型コロナウイルスの予言を以下の通りにしていたようだ。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

「世界各国を脅かす災難(ウイルスパンデミック)が2019年11月から発生し、3月29日から4月2日にかけて状況が悪化していき、5月29日に収束します」

「主流メディアでさえも、新型コロナウイルスは5月29日に終わると述べた私の予言について書きましたが、新型コロナウイルスは5月29日に終わるわけではありません。5月29日以降、徐々に減少していくのです。人々はきちんと理解して聞かなければなりません。本格的な収束は7月からです」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

彼は別に預言者ではなく、インド占星術から割り出したものだという。

インド占星術の起源は、なんと5000年以上前にまで遡る。

ヨガやアーユルヴェーダと同じく、インドの伝統思想「ヴェーダ」における知識体系の一つで、「Jyotish(ジョーティッシュ)」とも呼ばれている。

サンスクリット語の「Jyoti=光」「Isha=神(魂)」が組み合わさった言葉で、「光の科学」という意味で知られているらしい。

18人の聖人たちによってもたらされたと言われるその秘儀では、出生時間、出生地などをもとにホロスコープと呼ばれる天体図を作成し、様々な技法でその人の命運を読み取る。
日本で占星術といえば、「星座占い」「西洋占星術」が主流となっているが、インド占星術は西洋占星術と多少は共通のフレーム(12星座など)を持ちながらも、その内容においては大きく異なる。

今回の新型コロナウィルスのパンデミックで、アビギャ・アナンド君がネット上で話題になっていることで、
インド占星術への関心もかなり高まっているようだ。

ちなみに「西洋占星術」をGoogleで検索したら、4,830,000件。
「インド占星術」が796,000件。
「ジョーティシュ」だと3,120,000件もある。

さて。
このタイミングでラッキーなことに、インド占星術の新刊が近く弊社から発売される。

『インド占星術の基本体系 Ⅰ巻』 『インド占星術の基本体系 Ⅱ巻』(K.S.チャラク博士)

本書はインドで有名な大ベストセラーで、何よりも日本におけるインド占星術研究の第一人者であられた本多信明先生の翻訳であることが嬉しい。
本多先生は昨年の10月に惜しくも亡くなられてしまっただけに、本書は本多先生の遺作でもある。

それにしても、アビギャ・アナンド君にパンデミックの予言をさせたインド占星術って、なんだか凄いよね!

今後についても、彼の予言ではパンデミックが2020年12月20日に発生し、2021年の3月31日まで続くそうで、
今回の新型コロナウィルスよりも深刻なのだと!!

その対策については、「新型コロナウイルスのワクチンは見つかるかもしれませんが、今後より多くの他のウイルスがやってきますし、スーパー耐性菌(*)もやってきます。だから、最も重要なことは、有機野菜を食べることで、私たちの免疫力を開発することです。特にウコンは免疫力アップにおすすめです」

【スーパー耐性菌:抗生物質(抗菌薬)がほとんど効かないタイプの菌。病氣の治療に抗生剤を多用するうちに、生き延びるための抵抗力を持った病原菌のことを指す。放っておくと2050年には最大で毎年1千万人の死者(現在のがんによる死亡者数より多い)が出るといわれている】

ホント、これから世界はどうなって行くんだろうか?

こんな混迷の時代には、も~、『インド占星術の基本体系 Ⅰ、Ⅱ巻』、読むっきゃないでしょ!!!!!(笑)

そうして、時代を先読みしちゃいましょうや!!!

そうすれば、心理的にも楽になれるはず。
まずはこれでメンタルの部分が強化できると。

次は、免疫力。
有機野菜、特にウコンがいいらしいね。
そして、なるべく動物性食品などは控えて植物性食品中心の食生活に切り替えていく。
そうすることで、身体の抵抗力も強化できると。

【備えあれば憂いなし】

有機野菜を食べて、【インド占星術の基本体系 Ⅰ、Ⅱ巻】も読んでおけば、
迫りくるパンデミックの第二波なんて、ヘッチャラだ~~~い(笑)。

文:丹波-浪速 道

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

書籍営業部より
アフターコロナの未来社会とは?

備えあれば憂いなし(2020年5月15日のブログ)からの続き ******************* …

書籍営業部より
備えあれば憂いなし

コロナウィルス VS ハチミツ(2020年5月3日のブログ)からの続き ************** …

書籍営業部より
コロナウィルス VS ハチミツ

コロナウィルス VS 白鳥 哲 監督(2020年5月3日のブログ)からの続き *********** …