2020年(令和二年)、必読の一冊!

書籍営業部より

みなさま!

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

**********************************************************************

定期購入している銀座まるかんの青汁の販売代理店の店長からのおススメで、
年末年始にかけて飲んだ日本酒、『今年一年 金に困らず』。

日本有数の大富豪、斎藤一人さんの手書きラベルが貼ってある、
世にも貴重な一本だ!

蔵元は、昔ながらの醸造法を現在も頑なに守り続けている、自然酒蔵元『寺田本家』
一人さんは、ここの23代目当主の寺田啓佐さん(故人)と親友だった。

去年、一昨年と、二度に渡り大晦日から正月にかけて飲んでみたけど。
さすがに、美味い!
酒は無添加無濾過の純米吟醸酒、『自然酒五人娘』
一人さんの手書きの波動が注入されているのだろう、飲み心地が格段に違う!

 

 

 

そして、そして(笑)
今年は1月から、なんだか縁起がいい!
なんと!!
いよいよ、ナチュスピ(ナチュラルスピリット)から、一人さんの新刊が発売されるからなんだよね。

本のタイトルは、『嫌ならやめてもいいんだよ』

過去に一人さんの著書は数十冊もあるんだけど、この書名がテーマの一人さんの類書って、
多分ないと思う。

ちなみに、本書は以下の5章から構成されている。

●第1章 嫌になったら「非常口」から逃げていいんだよ

●第2章 いかなるときも自分に我慢させちゃいけないんです

●第3章 一人さん流「恋愛・結婚の非常口」論は最高に面白い!

●第4章 子育てにおける非常口のススメ

●第5章 非常口が見えたら家族のあり方は劇的に変わる

目次を読んだだけで、なんだか読みたい氣になっちゃうでしょ(笑)

「幸せになるには、嫌なことを我慢しないで、パッと非常口から逃げなきゃいけない。
非常口は、間違いなく幸せの道につながっているんだ。
その非常口の場所を案内するのが、本書です。
ここに書いてあることを実践すれば、困ったときに八方ふさがりになることはないし、
必ず抜け道が見つかる。
絶対に幸せになれることを、一人さんが保証するよ」              
                                  (本文より)

社会生活を営みながら、ついつい我慢しがちな人って、かなりいるんじゃないだろうか。
オイラも両親からは、我慢することの大切さを教育されて育った世代のひとり。
それをアタリマエとして生きてきたんだけど。

一人さんは、そのテーマに対して彼独自の視点で切り込んでいる。
まさに、目から鱗! そして、面白い!

途中でつっかえることもなく、短時間で読めてしまったしね。

みなさんの周りに人生で悩んでいる人がいたら、プレゼントには最適かもね。

ピンッ!と直感で感じるものがあったら、是非、お手に取ってみて下さい。

読み終わった時、外の風景が大きく違って見えるはず!!

大げさでなく、‘2020年必読の一冊’と断言しちゃうかんね!!!

文:丹波-浪速 道

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

書籍営業部より
アフターコロナの未来社会とは?

備えあれば憂いなし(2020年5月15日のブログ)からの続き ******************* …

書籍営業部より
備えあれば憂いなし

コロナウィルス VS ハチミツ(2020年5月3日のブログ)からの続き ************** …

書籍営業部より
コロナウィルス VS ハチミツ

コロナウィルス VS 白鳥 哲 監督(2020年5月3日のブログ)からの続き *********** …