確率をどこまで信じるか

書籍営業部より

サイコロを振って「6」が出る可能性は、
試行回数が多ければ多いほど、
6分の1の確率で「6」が出やすくなります。
※正規分布(せいきぶんぷ)といいます。

聞いたところによれば、
アメリカのカジノでは、”確率を信じる”日本人向けの場所があるそうです。

推測ですが、たぶん、
「短時間では、確率が偏る」
このことを実感していない日本人が多いのかもしれません。

正規分布では試行回数が多いほど、6分の1に近づく。
しかしこれは、何回振った後、いや何分後、何時間後になるのか。
小さな未来の結果は分からない。
これが現実に近いのかなぁと思います。

確率が収束する法則・摂理があることと、
今この瞬間から起こる小さな未来の違い。

わたしはかつて、確率ごとにハマっていた時期があったので、
短時間での確率の流れや偏りを痛いほど体感しました。

「6、6、6、6、2、6、1、6、6、6、6ときた。さて次は?」

このような結果をみたとき、
みなさんなら出目は何を予想するでしょうか?
6でしょうか、それとも6以外でしょうか。
いつまでも6ばかりじゃないかもしれない。
確率を信じるか、流れを信じるか。
結局は、そのときの信念や意思の問題なのかもしれません。

さて、自然の摂理といえば、占いです!
太玄社より発売される万年暦をご紹介いたします!
1924年から2064年まで、140年分の大ボリューム!
風水・擇日・奇門 万年暦【増補改訂版】』です!
追加要素のほか、ビニール装でより頑丈になり、より長くお使いいただける1冊となっております!
ぜひお手にとってご覧ください!


風水・擇日・奇門 万年暦【増補改訂版】
著:山道 帰一氏

文:のびた

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

書籍営業部より
コロナウィルス VS エドガー・ケイシー

ここ最近は連日、コロナウィルスの話題でもちきりだよね。 予防法については、識者によってまちまちだし、 …

書籍営業部より
少数派になる日本人

最近、たまたま目にした記事を読んで、暗澹たる氣持ちになってしまった。 その中から一部を引用すると&# …

書籍営業部より
NHKテキスト「まいにちスペイン語」で『プラド美術館の師』が紹介されました!

NHKテキスト「まいにちスペイン語」2月号で『プラド美術館の師』(ハビエル・シエラ 著)が紹介されま …