ミイラ展にいってきました

ナチュスピ日記

現在、国立博物館にておこなわれている特別展、
ミイラ『永遠の命』を求めて」に行ってきました。
※写真撮影禁止でしたのでチケットだけでも。。
来館した前日、「ライオンのミイラが見つかった」というニュースもあったせいか、展示会はたいへん賑わっておりました。

古代エジプトの王たちは、
「死」を受け入れるために「魂」や「あの世」という概念を信じ、ミイラになったのではないか。
そして、魂は鳥(バー)になって、”この世”と”あの世”を行ったり来たりすると考えられていたとの解説。

新・ハトホルの書』でも「バー(ba)」という概念があったなぁと思いました。

遺体をミイラにする際は、アヌビスのお面をかぶった方が、この遺体から内臓4つ(肝臓etc)を、それぞれ専用の器に移し、心臓はそのままに残しておいたそうです。心臓さえあれば生まれ変われると信じて。

死の恐怖を乗り越えるために、
過去、多くの方々が模索した結果、今現在、精神世界をはじめとした死生観を、わたしは学べるのだなと思いました。
誰に対してなのか分かりませんが、ありがとうございます。

さて、今回の展示でわたしが気になったのは、日本のミイラお二方でした。
死を覚悟して、このようなお姿になられているのが感慨深い。
(写真はネットで調べていただけると幸いです。。)

■即身仏「弘智法印 宥貞」

実物もたいへん穏やかなお顔されており、周囲かまわず合掌しました。
ありがたい雰囲気です。
次の展示に進むときに偶然、振り返った時に、
目が合ってしまい微笑まれたように感じ、びっくりしました。

■「本草学者のミイラ」

探求心で自らミイラになられた日本の学者さんです。
自分の肉体を実験台にするという。。超人的な印象。
「自分が死んだら、遺体を将来、掘り返してみるがよい」とおっしゃって、
その通り、ミイラになっていたそうです。
柿の種を大量に食べることによって、ミイラになったと書いてありました。

気になった方はお出かけになってみてください。
国立博物館にて2月24日までです。

特別展「ミイラ『永遠の命』を求めて」公式サイト

文:のびた

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ナチュスピ日記
邪気払いで開運?!

2年前のお正月に、あるスーパーの初売りの日に酉年の記念の湯飲みが先着で配られるということを知りました …