今月のテーマは”愛”!

出版部

今月2冊目の新刊「分離なきものの愛のうた」が出来上がってきました。


このように出来上がった本は、まずは著者さん、訳者さん、編集者さんなどに見本分として送付します。何年、何ヶ月にも渡って文字を紡ぎ、編集し、デザインを施し一つの作品として生まれてくるので、関係者の方たちは待ちに待ったわが子のように本の出来上がりを待っています。

かわいい表紙の扉をあけると美しい詩が目にゆっくり踊りながら流れ込んできます。
これを翻訳されたのは、13世紀イスラム神秘派スーフィーのマスター、ジャラールッディーン・ルーミーの「ルーミー 愛の詩」を訳されたゴールデンコンビ、あらかみさんぞうさんと重城通子さんです。お二人のあとがきから読むと、詩の背景がじんわりと浮かび上がってくるかもしれません。

そしてお二人の翻訳家の作品をまとめ上げたのは、やはり「ルーミー 愛の詩」でコンビを組んだ光田和子さん。

3人のハーモニーが美しい秀逸な本です。

 

文:キヨ

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

出版部
チコられる?!

お盆をピークに社会人の夏休み月間もそろそろ終わりを告げようとしています。今年も弊社社員の夏休み旅行の …

出版部
2
富士山登頂

先月末、日本列島に上陸し温帯低気圧に変わった台風6号が過ぎ去った快晴の富士山に、室長は登ってきました …

出版部
なんというエロティック

6月に出版されましたカヴィータさんの『分離なきものの愛のうた』の翻訳者である、あらかみさんぞう先生よ …