実在する女性中心の「パラダイス」世界!?

書籍営業部より

著作が20冊近くある作家で先史文明研究家の浅川嘉富さん
1999年に大手損害保険会社専務取締役を退任後、ライフワークとして中南米などの古代遺跡や辺境の地を調査し、独自の理論を展開している。
マヤ族やワイタハ族の長老を日本に呼んだり、サイキッカーとして有名なチェコのペトル・ホボットさんとの対談本を出されたりと、とても大事な使命をおもちの方だ。
弊誌『StarPeople 38号』では、「日本人はシリウス・プレアデスの流れを引く龍蛇族だった!?」と題して、記事も掲載されている。

ところで、浅川さんの2018年のブログでこんな興味深い記事があったんだよね。

                                                           なんともはや、驚きの世界が存在していた

                                                            実在する女性中心の「パラダイス」世界

「~~~実在する女性中心の世界を、先住民族の写真家として知られるピエール・ドゥ・ヴァロムブリューズ( Pierre de Vallombreuse )氏が、ご自身の写真集で紹介していることを知るところとなった。       (中略)

その中で最も興味を持ったのは、中国南西部のモソ族(摩梭族)であった。
モソ族は雲南省と四川省の接した、海抜2690メートルの高地にある美しい湖として知られる「ろこ湖」(濾沽湖)周辺に 住む民族である。
モソ族の世界で働いているのはすべて女性で、「家の主」として稼いだ金を管理しているのも、家事を担っているのも 女性なら、子供を育てるのもみな女性だというから驚きである。        (中略)

では男性は何をしているかというと、みなトランプをしたりして遊んでおり、これと言った仕事 には就いてはいないようである。 また、子供がいても男性には養育権がないどころか「父親」という呼び名すらもないという から、ただただ驚くばかりだ。
どうやら、モソ族(摩梭族)には、「通い婚」と呼ばれる婚姻制度が通常となっているようで、夫は結婚しても実家に残り妻のところには通って 暮らしているようである。 まさに「通い妻」ならぬ「通い夫」と言うわけである。 男性には子供を育てる義務がないので、自分の姉妹の子育てに協力することになっているようである。

そんな制度に対して女性の中には、不満や悩みを持っている方もいるのではないかと聞いてみると、「まったくありません、女性の悩みってなんですか?」と皆笑顔で話し、「ほとんどの物事は自分で解決できるので、男性は必要ありません、男性は景色ですね」と答えているという。

カメラを片手に「景色」を撮影して楽しんでいる私は、もしも、生まれ場所を間違っていたら、自らが「景色」となっているところであったようだ。こうした 信じ難い摩訶不思議な婚姻制度で村は繁栄し、先住民たちは皆幸せに暮らしているというのだから、いやはやなんとも驚きである。」

中国は面積で日本の23倍、人口も13億人以上といわれている。

このブログで紹介されているモソ族に限らず、日本よりもはるかに巨大な中国大陸には、まだまだ知られていない不思議な現実世界がたくさんあるんじゃないだろうか!?

さてと。
ここで今月の弊社の新刊!『中国 封印された超常現象』を紹介しちゃうかんね。

WEBサイト『中国の怪情報』の編集長だから書けた真実!
いま初めて、白日の下に晒されるオカルト現象のすべてがわかる!
中国にも超常現象を調査する特務機関があった!
その名は「第091気象研究所」
UFO事件、女児国、水怪、ヒト型未確認生物…..
そして、情報管理と情報操作!
本書で数々の事件を検証する!!

本書の第4章では「女児国遺跡 ★美女だけが住む国は実在したのか」と題して、その真実にも迫っているしね!(笑)

いままでの弊社の路線とは趣が異なるけど、読みごたえがあってすぐに読めちゃう!
単なる「超常現象礼賛本」ではなく、著者のジャーナリスティックな姿勢がいいだけに、これはおススメだよ!!!

★ただいまamazonご予約受付中!
全国の書店様では10月19日~21日にかけて店頭発売予定です。

文:丹波-浪速 道

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

書籍営業部より
人生の意味は歩くことだった

人生の意味、人生の目的、わたしは何か、などなど。 そういったことを、わたしもたくさん考え抜いてきまし …

書籍営業部より
リセットして生きる!

神奈川県を中心に展開している書店チェーンとして有名な、株式会社有隣堂。 その本店が横浜の伊勢佐木町に …

書籍営業部より
インディアンと日本ミツバチ

1986年8月 初めての海外旅行でアメリカ合衆国へ。 目的は自転車で大陸を横断することだった。 大学 …